【2024年】ベトナム・カントー旅行初心者向けガイド※編集中

Pocket

本記事では、ベトナム・カントーCần Thơ旅行の基本をサクッとまとめて紹介します。

・これから初めてカントーに行く

・行ったことあるけどコロナで最近行ってない

・カントーの観光・グルメにあまり詳しくない

そんなあなたに向けて、2024年の最新情報と現地で撮影したばかりの画像をたっぷり交えて、読めば旅行の準備から一通り、ベトナム・カントー旅行の基本を全部カバーできるように書いています。

※カントー在住のベトナム人Nhungさん、Thu Trămさんが協力。

運営者情報(りょー爺旅)

国内制覇。海外東南アジア中心に10か国。現地人が好きな観光地、グルメを求めて旅行をしています。YouTubeのりょー爺旅で旅動画を配信しています。

カントー旅行の準備

航空券・ホテルの予約から保険、アプリ、ネット、現地通貨の用意まで、メダン旅行に必要な準備について解説します。

カントー行き航空券のお得な買い方

航空券はSkyscannerで検索。出発地、目的地、日付を指定すると、色んな航空会社の航空券を自動で検索して、どこで購入すると安いかわかります。月単位でも検索できるので、カントー行きの最安値月は不明でした。東南アジア方面は6月が最安値なのでこの時期が安いと思われます。

ベトナム・カントーまでの移動時間

・東京→ハノイ→カントー:約12時間半

カントーまでの直行便はありません。

カントーまでの航空券の料金は、LCCの安いタイミングで片道3.2~4万円。

航空機とバスを使った場合

・東京→ホーチミン→カントー

航空券の安いタイミングで片道1.6~1.7万円程度

バスは片道1300円前後。

直近の最安航空券はベトジェットエア。

ホーチミン経由の場合

ホテル予約・おすすめエリア

カントーのどこに泊まればいいか・・・

カントーの東側に宿泊施設が集中しているのでここに宿泊するのがおすすめです。

ホテル料金の目安ですが2500円~4000円のホテルが多いです。

Googleで「宿泊 ベトナム カントー」と検索したら地図と料金が出てきますのでクチコミを参考にすると良いです。

ホテル検索はGooglemapで最安サイトを見つける!

海外旅行保険

海外旅行保険付きクレジットカードを持っている場合、基本的にカード付帯の保険でOK。

ただ、保険が利用付帯か自動付帯のどちらかは要確認です。

自動付帯:カードを持ってるだけで保険適応される

利用付帯:旅行の交通費の支払いをそのカードで決済しないと保険適応外になる
カードの旅行保険条件の確認が面倒な人は別途海外旅行保険に加入するのもあり。トラベルコの保険なら複数社を比較し最安値があわかります。5日間で1300円で加入できる。 

カントー旅行に必須のアプリ

配車アプリ:Grab

ベトナムのタクシーはぼったくりが多いのでGrab推奨。

リクエストから配車までのスピードが異様に早い。

乗車前には必ずナンバープレートを確認して下さい。

チャットアプリ:Zalo

ベトナム人との連絡先交換はZaloが基本です。

ベトナム人の友達が欲しい場合は必須です。

インターネット

ベトナムでのネット接続のおすすめは現地SIM。

空港で簡単に購入できる。

ゲートを出たところで販売しており、設定まで全てやってくれる。

おススメの会社は・・・ビナフォン、モビフォン、ベトレル

大手で通信が安定しています。

現金・両替

ベンタイン市場の隣にHA TAMがあります。レートが良い証拠にいつも混雑しています。割り込んでいかないと両替してもらえません。隣にも両替所があるのでこちらでも同じレートと考えて間違いないと思います。

カントーまで航空機で直接行く場合は空港をおススメします。カントー市内の両替所は情報が古いので参考にならないと思います。

ホーチミンからバスで移動する場合は空港で交通費分1000円~自分がなんとなく安心する分を両替してバスで移動すれば安く済みます。ローカルバスは7kVND(43JPY)シャトルバスは109番が20kVND(124JPY)、49番が40kVND(248JPY)※こちらが両替所に近いベンタイン市場に停車します。ローカルバスはGooglemapのナビを利用して下さい。

ホーチミン市内からカントー市街地への移動

ホーチミンからカントーへは東と西のバスターミナルがありますが西バスターミナルのミェンタイBến Xe Miền Tâyの方が両替所があるベンタイン市場に近いのでこちらで解説していきます。

主なバス会社です。移動時間の目安は3時間半なので値段と乗り心地できめればいいかなと思います。

・Phương Trang:長距離バス

・Thành Bưởi:長距離バス

・Vũ Linh:リムジンバス

・Sơn Nguyên:リムジンバス

カントーの到着場所はBến Xe Trung Tâm Cần Thơです。ここからはGrabでもタクシーでも格安の路線バスでも市内へ行けます。ちなみに路線バスは

Phương Trang Bus

・Ba Láng – Ô Môn ルート

・Sân Bay Cần Thơ – Thị trấn Phong Điền ルート

・Lộ Tẻ (quận Thốt Nốt) – huyện Vĩnh Thạnh ルート

・Ô Môn – Kênh B (huyện Vĩnh Thạnh) ルート

運行時間:5:30 – 18:00

Googlemapでナビを使えばどのBusに乗ればいいかわかります。

番外編

自己責任ですがレンタルバイク125ccもおススメかと思います。盗難には注意が必要で警備員がいる店やホテルを選んだ方が無難です。今回は日本人が経営しているゲストハウスで24時間200kVND(1240円)を利用したいと思います。ガソリンはLon95(ハイオク)をおススメします。

カントーの特徴

カントー市はベトナム第5の都市で、南部メコンデルタ最大の都市であり、省と同格の中央直轄市である。年間を通して温暖な気候で、平均気温は約27度。運河に囲まれ、緑豊かな果樹園が豊富で、別名「川の都」と呼ばれている。食文化が豊富で、特にフルーツの種類が多く新鮮なものが安く手に入る。

カントーおススメ観光地

Bến Xe Trung Tâm Cần Thơ

各地の長距離バスが終着点。

営業時間:24時間

料金  :無料

カイラン水上マーケット

カントーで有名な観光地の一つ。

値段がわからないので交渉が必要だが電卓叩いて最初の金額の半額まで値下げできたら素晴しい!!

同じ店があるので高いってジェスチャーをして他の店に行く素振りをすると安くなるかも!?

船はツアーと個人がありますがツアーはホーチミンで申し込むのが普通。

個人は現地ベトナム人に200kVND(1260JPY)で周遊してくれます。

フルーツが豊富なのでフルーツ好きならおススメです。

営業時間:24時間

料金  :ツアー会社or個人は200kVND(1260JPY)

カントー博物館Can Tho Museum

カントーの歴史や文化、風土がわかる博物館。

模型が多くベトナム戦争時の写真も展示してあります。

営業時間:火~木、土、日8:00~11:00、14:00~17:00 定休日:月、金

料金  :無料

Luu Huu Phuoc Park

カントーの中心的な公園です。

夜はこの門がライトアップされ大勢の若者の憩いの場となってます。

営業時間:24時間

料金  :無料

ADORA CENTRAL PARK

Luu Huu Phuoc Parkを出て直ぐにあります。

この辺りのホテルを利用すればナイトマーケットなどの繁華街へアクセスしやすいと思います。

営業時間:24時間

料金  :スタンダードルーム2691JPY(現地払い:Agoda)

Binh Thuy ancient house

Đền thờ Vua Hùng

カントーナイトマーケットChợ đêm Ninh Kiều

カントー名物グルメ

メコン料理とカントー料理の2つが楽しめますが、今回はカントー料理に絞ってみました。

フーティウ(Hu Tieu)

まとめ

Top