【調査】フィリピンのマニラおススメ〇選!!世界遺産にフィリピン料理、ビール旅!!出国手続き~入国手続きまで※編集中9月~旅行予定

Pocket

スポンサーリンク

こんにちは!りょうじです。今回は一番海外旅行に行きやすいフィリピンに決めました。出国までの手続き、費用、帰国前のフィリピンでの手続き、費用などをまとめました。フィリピンではマニラを中心にルソン島限定で世界遺産、フィリピン料理、名物、そしてフィリピンビールを堪能したいと思います。

※1PHP=2.5円(計算しやすいように)

【調査】フィリピンのおススメ〇選!!世界遺産にフィリピン料理、ビール旅!!出国手続き~入国手続き体験※編集中4月旅行予定

出国前手続き

・フィリピン入国に際して、ワクチン完全接種で査証免除国から30日以内の観光目的
 ・有効なワクチン接種証明書
  日本の市区町村で発行されたワクチン接種証明書
 ・出発前48時間以内に受検したRT-PCR検査の陰性証明書(英語)
  出発時と入国時に提示
  神田北口診療所15000円(検査代+日本語・英語陰性証明書PDF)※調査した中で最安値
  https://kandakita.clinic/
 ・到着日から30日以内にフィリピンから帰国・出国するための航空券
 ・到着時点でパスポートの残存期間が6カ月以上
 ・新型コロナ感染症治療の最低補償額35000USD以上の海外旅行保険加入
  HS損保(25日間7800円)※調査した中で最安値
  https://www.207207.jp/(海外保険比較サイト)


 ・TrazeContact Tracing(接触追跡アプリ)のダウンロード→登録→
 ・One Health Passの登録
  登録後のQRコード提示
 ・機内でImmigrations Arrival Card(入国カード)
  https://www.jal.co.jp/tabi/info/ed/asi/ph.html(JAL出入国書類の書き方※出国カードは基本不要)
 ・入国後7日間のセルフモニタリング

料金:15000円(現金)
    7800円(クレカ)
予算:15000円(現金)
    7800円(クレカ)
   22800円

移動

・地元  →東京  (バス      : 1850円クレカ)
・東京  →神田  (電車      :  136円クレカ)
・神田  →空港第二(電車      : 1119円クレカ)
・成田空港→マニラ (セブパシフィック:31540円クレカ)
 2022年7月5日(火)21:30→01:30

料金:    0円(現金)
   34645円(クレカ)
予算:15000円(現金)
   42445円(クレカ)
   57445円

スポンサーリンク

2022年7月5日(火)1日目

1.ニノイ・アキノ国際空港

空港からマニラ市内へはいろいな手段がありますがエアポートループバス+(電車)の組み合わせで行くことにします。両替は翌日、レートが良いマラテエリアのSHEENAにします。したがって、空港から宿までと宿から両替所までの交通費分+晩飯代分を空港で両替します。

エアポートループバス         20PHP(≒ 50円)
Beep Card             100PHP(≒250円)
(LRTエドサ駅→ペドロヒル駅     30PHP(≒75円:最大料金で計算))
(LRTペドロヒル駅→Quirino Station駅 30PHP(≒75円:最大料金で計算))
晩御飯               200PHP(≒500円)
合計                320PHP(≒800円)

従って2000円程度、空港で両替すれば大丈夫です。心配なら5000円もあれば十分です。

2022年7月6日(水)2日目

2.シェーナSHEENA

マビニストリートにあるレートが良い両替商です。宿から歩いていける距離なので徒歩で移動予定。10万円両替。

3.ステイ マラテ (Stay Malate)

Agodaで低料金、クチコミがそれなりに高い宿を選びました。

二段ベッドルーム(共同バスルーム) (Room with Bunk Bed and Shared Bathroom)749円×2泊=1498円(クレカ)

料金: 320PHP(800円:現金)
    1498円(クレカ)
予算:15800円(320PHP:現金)
   38229円(クレカ)
   51731円

スポンサーリンク

2022年7月7日(木) 3日目

4.マニラ動物園Manila Zoologica Botanica Garden

Top