【調査】フィリピンのおススメ〇選!!世界遺産とフィリピン料理、ビール旅!!

Pocket

投稿日:2021年11月29日 更新日:2021年12月03日

スポンサーリンク

こんにちは!りょうじです。フィリピン共和国旅行を世界遺産中心にまとめました。2021年2月~約1カ月の観光なので時間を十分に確保しています。世界遺産への行き方や料金、時間などをわかりやすく紹介したいと思います。この記事が少しでもフィリピン旅行の参考になれたらと思います。実際に旅行に行った時は【体験】で写真多めで紹介したいと思います。
※1PHP=2円(計算しやすいように)

目次

【調査】フィリピンのおススメ〇選!!世界遺産とフィリピン料理、ビール旅!!

1.Cebu Pacific(セブパシフィック)

LCCの航空会社です。格安でフィリピンへ旅したい場合にオススメです。実際に行かないにしても気になっている場合はセブパシフィックのメルマガ登録だけでもしておいた方が良いです。時々、セールの案内が来るので通常より東京→マニラ間だけですが激安でチケットを購入できます。今まで確認したセール価格一覧です。

東京→マニラ間
・  100円(この時にチケットを購入)
・ 1000円
・ 8000円
・12000円
・18000円

往復の最安値は約2万円ぐらいです。
私の場合はコロナ前にチケットを購入しておりトラベルファンド(ポイントの様なもの)に交換しており最前列シート(往復1000円×2=2000円)機内食(往復700円×2=1400円)追加しています。

料金:27180円

HP    :https://book.cebupacificair.com/(日本人はこちらで予約)
     https://www.cebupacificair.com/(カレンダーで料金を確認したい場合に利用)
名称  :セブパシフィック
成田空港:第2ターミナル
料金  :27180円 (Go Flexi)

料金  :27180円
予算目安:27180円

※東京(成田・羽田)間の航空会社は全日空、日本航空(羽田)、フィリピン航空

スポンサーリンク

2.ニノイ・アキノ国際空港(にのい・あきのこくさいくうこう)

昔は世界で危険な空港にランクインしていたようです。

スポンサーリンク

2-1.ニノイ・アキノ国際空港第3ターミナル

セブパシフィックの到着は一番新しい第3ターミナルです。

もし、何かのトラブルでターミナル1、2に到着した場合はターミナルバス(無料)でターミナル3に移動することが出来ます。

HP    :https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%8E%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF(wikipedia)
名称  :ニノイ・アキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport、略称: NAIA ナイア)

予算目安:27180円

スポンサーリンク

2-2.ニノイ・アキノ国際空港内両替

ターミナル3出口付近に1列に並んで8店舗あります。フィルトラスト・バンク(PHIL TRUST BANK)が一番レートが良いみたいですが、店舗が少ないので全部比較してから両替すれば良いと思います。今回の旅では宿まで後述するエアポートループバスとLRT1と徒歩で移動することを考えて最低限+アルファで計算します。

・エアポートループバス20PHP(約40円)
・交通系ICカードbeep card購入100PHP※デポジット20PHP(約200円)
 ※通常チケット購入よりbeep cardの方が割引があります(日本のICカード優待みたいな感じ)
・LRT1の最大料金25PHP(beep card使用)
・当日にマニラ市内で両替できない場合は食事代分も必要
・両替の為にマラテエリアのマビニストリートへ電車で行く場合beep cardにチャージした分でOK
 PNR San Andres(サン アンドレス下車)

20PHP+100PHP+食事代=120PHP(約240円+食事代)

両替手数料を考えると1000円あれば十分ですが、他の交通手段を使う場合でしたら5000円、10000円を両替すれば十分だと思います。

料金  :1000円(2000PHP)

料金  :1000円
予算目安:28180円

スポンサーリンク

3.AIRPOOT LOOP BUS(エアポートループバス)

プレミアムバスエアポートバスUBE Express(300PHP)、タクシーの場合はGrabを利用すれば目的地までの料金が表示されます。クーポンタクシーは高い!エアポートタクシー、レギュラータクシーはメーター改ざんやメーターをまわさない場合がありトラブルの原因にも・・・ジプニーは荷物が多いと思うのでスリに会う確率が高い。

ニノイ・アキノ国際空港からエアポートループバスを利用

LRT 1:Baclaran(バクララン)駅、EDSA(エドサ)駅、
MRT3:Taft Avenue(タフトアベニュー)駅付近ジェネシスバスターミナル

運賃 :20PHP(約40円)

ターミナル3到着ロビーを出て右へ、最初から乗車してOK。係員が料金徴収に来たらお金を支払います。バスはEDSA(エドサ)駅からビルの隙間を抜けてトラモに到着します。空港への帰りのバスもトラモから出発します。右側がバス到着、左側がバス出発。

HP:http://directionsonweb.blogspot.com/2015/09/NAIA-Airport-Loop-Bus-Route-Guide.html

料金  :20PHP(約40円)

料金  :20PHP(約40円)
予算目安:20PHP(約40円)+28180円=20PHP:28220円

スポンサーリンク

5.電車(LRT、MRT)、国鉄(PNR)

マニラ近郊のLRT、MRT路線図です

フィリピンの国鉄の路線図です

スポンサーリンク

5-1.LRT1、LRT2、MRT

5ー2.交通系ICカード「beep card」

「beepカードプリーズ」そう言って窓口で100ペソを渡して購入。そのうち20ペソがデポジットで、4年間有効なのだそう。

スポンサーリンク

6.MANILA(マニラ)

マニラはルソン島にあるフィリピンの首都です。人口密度の高い港湾都市として栄え、街にはスペイン植民地時代の建築物とモダンな超高層ビルが混在しています。

6-1.宿泊地

6ー2.両替商EDZEN(エドゼン:ワールドワイド?)かSHEENA(シーナ)※マラテエリアの場合

日本人の間で有名な両替商です。ロビンソンデパートに近いマビニストリートにあります。両替したらきちんと金額を確認しましょう。また1000PHPは使い勝手が悪いので100PHPと1000PHPをスタッフに見せて100PHPを指さし「チェンジ」と言えば交換してもらえます。店外に出る前に必ずお金は財布に入れてスリ対策をしましょう。

マカティエリアはSANRY’S(サンリーズ)、SMデパートの1階やマカティシネマスクエア内にもあります。

スポンサーリンク

6-3.マニラベイウォーク

SHEENA(シーナ) で両替を済ませたらついでに付近を散策するのが効率が良いと思います。マビニストリートから西に行けばマニラベイウォークです。夕日がとてもきれいな場所です。

6-4.キロメートルゼロ

フィリピンのあらゆる距離測定の基準となるポイントを示す大理石製の小さな標識。

6-5.リサール公園

マニラの中心にあるリサール公園は、いつも多くの現地の方や観光客で賑わっています。総面積は、58万キロ平方メートルにも及び、敷地内にはフィリピンの国土を表した池や電気機関車や遊具施設、さらには、日本庭園や中国庭園などもあります。公園の入り口には、独立運動の英雄ホセ・リサールの記念碑があり、24時間衛兵によって守られています。

6-6.バルアルテ・デ・サンディエゴ

バルアルテデサンディエゴは、壁に囲まれたフィリピンのマニラにあるスペイン植民地時代の要塞の一部であるイントラムロスの要塞です。

6-7.バルアルテ・デ・サンディエゴ ガーデン

フィリピン マニラの公園

6-8.サン・アグスティン教会(San Agustin Church)(世界文化遺産:バロック様式教会群)

フィリピンがスペインの統治下にあった16世紀、スペイン人の主な使命はフィリピンでカトリックの布教を行うこと。カトリックを広めるために、フィリピン各地にカトリックの教会が次々と建設されていきました。その一つが、サン・アグスティン教会です。

現在のサン・アグスティン教会は、実は三度目に建てられたもの。これまでに二度破壊され、その都度建て直されているのです。

一度目に建設されたのは、1571年。二パ(フィリピンに生息するヤシの木)と竹を用いて建設されましたが、1574年に中国の海賊がマニラに侵攻した時、炎で焼かれ崩壊してしまいます。
その後、二度目の建設では木材を使用して建てられます。しかし1583年、ろうそくから点火した炎によって、また崩壊してしまいます。

サン・アグスティン教会の修道士たちは、同じ過ちを繰り返さないようにと、三度目の建設では石を使う決断をします。1586年に着工し、1607年に完成。これ以降、16世紀・17世紀に起こった大きな地震にも耐え、現在まで残っているのです。

【料金】
サン・アグスティン教会 :無料
サン・アグスティン博物館:大人 100ペソ/シニア 80ペソ/大学生 50ペソ/高校生 45ペソ/4歳~12歳 40ペソ

【時間】
サン・アグスティン教会 :月曜~土曜 8:00-12:00・13:00-17:00/日曜 8:00-12:00
※結婚式とマスの間、観光客は入場禁止
サン・アグスティン・博物館: 8:00-12:00/13:00-18:00

【住所】
General Luna St, Corner Real St. Intramuros, Manila, Metro Manila

スポンサーリンク

6-9.カーサ マニラ博物館

カーサマニラは、スペインのフィリピン植民地時代の植民地生活を描いたイントラムロスの博物館です。 

6-10.イントラムロス

歴史的な街イントラムロスは、スペイン植民地時代の象徴、サンチャゴ要塞で有名。

6-11.サンチャゴ要塞

1593年に建てられたサンティアゴ要塞は、スペインの航海士で知事ミゲルロペスデレガスピがフィリピンのマニラの新設都市のために建てた城塞です。

Jollibee(ジョリビー)

1,400以上の店舗を展開するフィリピン最大のファストフードチェーンです。現在、フィリピンの他に、アメリカ、香港、シンガポール、サウジアラビア、イタリア、イギリスなど、270以上の海外店舗も展開しています。フィリピン都市部の店舗は24時間営業の店舗もおおく、地元の人々や観光客で賑わいます。

【ジョリビー(Jollibee)】フィリピンNo1ファストフード完全攻略!全メニュー紹介(俺のセブ島留学参照)

スポンサーリンク

マカティエリアのフィリピン料理

Sentro 1771

Sinigang na Corned Beef(牛肉入りシニガンスープ)スモールサイズ 320peso(約669円)
organic sisig スモールサイズ 229ペソ(約478円)

ケソンシティ(マニラ)→Banaue(バナウェ)

Coda Lines デラックス 片道870PHP(約1740円) 21:00~5:00

コルディリェーラ棚田群(世界自然遺産)

(Banaue)バナウェ→Vigan(ビガン)

Vigan(ビガン) →Laoag(ラワグ)

バスで約2時間 130PHP(約260円)
PARTAS

サン・アグスティン教会(St. Agustin Church) パオアイ教会 (世界文化遺産:バロック様式教会群)

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 サンタマリア教会(世界文化遺産:バロック様式教会群)

Vigan(ビガン) →サンタマリア教会

バス55PHP(約110円)

Vigan(ビガン)(世界遺産)


1.聖ポール大聖堂
2.ベルタワー&バンタイ教会
3.散策
4.ローカル菓子パン


5.イロコス地方名物エンパダーナ

サント・トマス・デ・ビリャヌエバ教会(ミアガオ教会)

イロイロ国際空港はマニラから約1時間の場所に

イロイロ市内から車で一時間程西へ進むとMiagaoという地区があります

モロターミナルからミンガオ方面に行くシャトルバスが出ています。

約1時間程で到着し、運賃44ペソ(約100円)なので非常にリーズナブルです。

プエルト・プリンセサ地下河川国立公園

マニラからパラワン州の州都プエルトプリンセサまで国内線で約1時間

番外編

マニラでフットサル参加(フィリピンデビュー!?)

Manila All Japan FC

FB:Manila All-Japan FC

フットサル詳細

日時:毎週月曜、水曜 夜10時~11時30分

場所:サルセドビレッジ Finman Gen 11階 バスケットボールコート

参加費:学生100ペソ/回、社会人300ペソ/回

・トゥバタハ岩礁自然公園(世界自然遺産)

船で往復1週間ほどかかるので今回はパス

スポンサーリンク

・ハミギタン山岳地域野生動物保護区(世界自然遺産)

2017年10月に過激派掃討作戦が行われ終結しましたが外務省から海外危険情報レベル2(不要不急の渡航を中止)が出ているためパス

スポンサーリンク

フィリピンまとめ

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

目次ページはこちらをクリック!!

Top